看護師の転職に有利なサイト

今勤めている病院を辞め、違う病院に移りたいと考える看護師は多くいます。理由はさまざまですが、過酷な労働環境、人間関係、自分の将来プランとの相違などがあります。ですが一般的な求人誌やナースセンターなどでは転職先の環境などはほとんど分かりません。転職先に友人などがいる場合を除いてほとんどが「行ってみないと分からない」というのが現実です。インターネットサイトには「看護師求人サイト」というものがあり、各サイトで特色は違うものの。一般求人誌やナースセンターよりはより多くの情報を持ち、担当コンサルタントは紛らわしい手続きなどの代行などもしてくれ、転職を検討している看護師に有用なシステムだと言われています。いわゆる「派遣会社」に近いものですが、一般求人誌に載らない病院内の人間関係や労働条件の事実、など独自の情報を持っていることも多く、面談の同行、その他の条件の交渉、書類の整備、退職サポートなど多くの不安要素をフォローしてくれます。また看護師としてのキャリアアップを考えていても、実務する病院との間に考え方の違いがあり実現しづらいということもよくある話ですが、求人サイトのコンサルタントはそういったことに対するプランの構築も協力してくれる場合があります。病院を辞めて一人になってしまうと非常に立場も弱くなってしまいますから、こういったサイトに登録しておけば、さまざまな助言も貰えますし、心強い味方になってくれるはずです。

パートタイム看護師への転職!

看護師として、何回か転職はしていますが、自分のなかではもっとも大きな転職と言えば、フルタイムからパートタイムへの転職ですね。職場を変わることへの抵抗は、私のなかでは実はあまりないのですが、看護師としてパートタイムで働いたことがなかったので、どのように仕事内容が変わるのかがイメージできずに、結構緊張したのを覚えています。なにが緊張したのかと言いますと、面接で緊張したのですよね。看護師の転職に際しての求人では、わりと面接のみの試験となることが多いのですが、私はそれまではフルタイムでの正職員としての勤務経験しかありませんでしたので、面接もそれなりに立派な受け答えを考えていました。しかし、わが家には小さな子どもがいないのにも関わらず、パートタイムにて趣味程度に働きたいという本音をどのように隠して面接に挑もうか、結構内容を考えたのです。とは言っても、実は緊張したのは面接試験前日のことでした。脳内シミュレーションにて、面接官の方からの質問に、ちっとも答えられずに焦って、そして前日の夜に急遽台本を用意したのです。けれども、面接は結構拍子抜けするぐらいにあっさり終わりましたね。前職での経験について雑談程度に質問されただけでした。それと、「週にどのくらいシフトに入れるのか」といったことでしたね。ちなみに、そのときパートタイムの看護師の求人が出されていたのは、自治体が運営する病院でしたので、面接は役場の職員の方がおこなってくれました。